twitterfacebookline
copy
基礎知識

2024/04/09

【簿記3級】売掛金の仕訳問題をわかりやすく解説

【簿記3級】売掛金の仕訳問題をわかりやすく解説_サムネイル画像

簿記3級で出題される売掛金の仕訳問題

簿記3級では、問題文で与えられている取引を仕訳に変換する仕訳問題が出題されます。
通常、勘定科目と金額の完全解答で、配点が付与されます。

部分点方式ではありませんので、似ている勘定科目名を選んだり、金額の入力ミスをしたりしないように注意しましょう。

この記事では、簿記3級で出題される売掛金の仕訳問題について解説しています。
問題の出題傾向や解き方を紹介していますので、簿記3級を勉強中の方はぜひご覧ください。
最後には本試験レベルの練習問題も用意していますので、ぜひ挑戦してみてください。

目次

  • 簿記3級で出題される売掛金の仕訳問題
  • 売掛金の概要
  • 売掛金の出題傾向
  • 簿記3級での売掛金の配点
  • 売掛金の問題集
  • 売掛金の仕訳問題を解く手順
  • ①問題文から論点を読み取る
  • ②問題文から取引パターンを読み取る
  • ③勘定科目を仕訳に記入する
  • 簿記3級で出題される売掛金の仕訳問題
  • 売掛金の仕訳問題
  • 売掛金の仕訳問題の解説
  • 売掛金の仕訳問題の解き方まとめ

売掛金の概要

売掛金とは、商品を掛けで販売したときに増加する勘定科目です。
商品販売の後日に代金を回収する権利として、資産に計上されます。

売掛金の基本については、下記の記事にて詳しく解説しています。
もし知識に自信のない方は、先にご覧ください。

関連記事

【図解】売掛金とは?混同しやすい勘定科目との違いや仕訳方法を解説

【図解】売掛金とは?混同しやすい勘定科目との違いや仕訳方法を解説

【図解】売掛金とは?混同しやすい勘定科目との違いや仕訳方法を解説

boki.funda.jp/blog/article/accounts-receivable

この記事をみる
【図解】売掛金とは?混同しやすい勘定科目との違いや仕訳方法を解説

boki.funda.jp/blog

売掛金の出題傾向

日商簿記3級での売掛金の仕訳問題は、大きく3パターンに分かれます。

  1. 全額売掛金で販売
  2. 一部売掛金で販売
  3. 掛代金の回収

それぞれ1つずつ解説していきます。

①全額を売掛金で販売したときの仕訳

商品を販売し、代金の全額を掛けとしたときの仕訳パターンです。
このとき、売掛金が増加しますので、借方(左側)に売掛金を記入します。

②一部を売掛金で販売したときの仕訳

商品を販売し、代金の一部を掛けとしたときの仕訳パターンです。
このとき、売掛金が増加しますので、借方(左側)に売掛金を記入します。
また、代金の一部のみ掛けとしているため、他の決済手段(現金など)の勘定科目も借方に記入します。

③掛代金を回収したときの仕訳

掛け販売の代金を回収したときの仕訳パターンです。
このとき、売掛金が減少しますので、貸方(右側)に売掛金を記入します。

簿記3級での売掛金の配点

売掛金の仕訳問題は、簿記3級試験の第1問に1~2問出題されます。
第1問は45点満点で、1問3点の仕訳問題が15問出題される問題構成です。
したがって、売掛金の仕訳問題ができるようになることで、3~6点をものにすることができます。

売掛金の問題集

簿記の学習アプリ「Funda簿記」では、売掛金の仕訳問題を全パターン解くことができます。
問題を出題する設定は下記の通りです。

  • 級:簿記3級
  • 出題の方式:カテゴリー別
  • 論点の選択:掛け取引
  • 問題の出題数:自由


また、Funda簿記を利用していない方も、LINEから問題を解くことができます。
ぜひ下記より練習問題に挑戦してみてください。
Funda簿記の公式LINE

売掛金の仕訳問題を解く手順

売掛金の仕訳問題を解く手順は次の3ステップです。

  1. 問題文から論点を読み取る
  2. 問題文から取引パターンを読み取る
  3. 勘定科目を仕訳に記入する

ここからは、売掛金の仕訳問題を解く手順を1つずつ解説します。

①問題文から論点を読み取る

最初に、問われている「論点」を問題文から読み取ります。
ここでの論点とは、通常の商品売買取引(「商品を販売し、代金を現金で受け取る」などの取引)と異なる点のことを指します。

下の事例では「商品を売り上げ」「残額を掛けとした」と書いてあるため、売掛金の論点であることが読み取れます。

②問題文から取引パターンを読み取る

次に、問題文から問われている「取引パターン」を読み取ります。
通常の商品売買以外の取引には、基本的に取引パターンが複数あります。(例:「商品の販売時」と「代金の回収時」など)

下の事例では「商品を売り上げ」「残額を掛け」と書いてあるため、商品の販売時・一部売掛金のパターンであることが読み取れます。

論点を正しく読み取っても、取引パターンを読み間違えると、もちろん正しい仕訳は導き出せません。
問題文をしっかり読み、取引パターンも正確に把握しましょう。

③勘定科目を仕訳に記入する

最後に、勘定科目と金額を一つずつ仕訳に記入します。
取引パターンから勘定科目が増加しているのか、減少しているのかを判断して、記入しましょう。

簿記3級で出題される売掛金の仕訳問題

以上を踏まえて、簿記3級の本試験レベルの仕訳問題に挑戦してみましょう。
「解く手順」を参考に、取引の仕訳としてを正しいものを選択肢から選んでください。

売掛金の仕訳問題

本日、得意先に対する掛代金295,200円が普通預金口座に振り込まれた。

タップで回答を見ることができます

1

選択肢①

2

選択肢②

3

選択肢③


この問題の正解は選択肢③でした。

売掛金の仕訳問題の解説

「解く手順」に沿ってこの問題の解き方を解説します。

①問題文から論点=売掛金を読み取る

最初に、問われている「論点」を問題文から読み取ります。
今回の問題では「得意先に対する掛代金」と書いてあるため、売掛金の論点であることが読み取れます。

②問題文から取引パターン=代金の回収時を読み取る

次に、問題文から問われている「取引パターン」を読み取ります。

今回の問題では「掛代金」「口座に振り込まれた」と書いてあるため、代金の回収時のパターンであることが読み取れます。

【今回の取引パターン】

③勘定科目を仕訳に記入する

最後に、登場する勘定科目を見落とさないように注意しながら、勘定科目と金額を仕訳に記入します。
今回の問題文には2つの勘定科目が登場します。

売掛金の減少

問題文の「掛代金295,200円が振り込まれた」より、売掛金が減少しています。
売掛金は資産グループに属する勘定科目であるため、借方(左側)がホームポジションです。
したがって、売掛金の減少を表現するために、売掛金をホームポジションとは逆の貸方(右側)に記入します。

普通預金の増加

問題文の「295,200円が普通預金口座に振り込まれた」より、普通預金が増加しています。
普通預金は資産グループに属する勘定科目であるため、借方(左側)がホームポジションです。
したがって、現金の増加を表現するために、普通預金をホームポジションの借方(左側)に記入します。


以上より正しい仕訳は選択肢③となります。

売掛金の仕訳問題の解き方まとめ

簿記3級の売掛金の仕訳問題の解き方を解説してきました。
簿記3級の中で最も基本的な取引の一つであるため、試験を受ける方は必ず解けるようになりましょう。

試験合格レベルになると「仕訳問題を解く手順」沿って瞬時に解答することができるようになります。
問題を繰り返し練習して、仕訳問題を一瞬で解けるようになりましょう!

簿記の学習アプリ「Funda簿記」では、今回のような本試験レベルの問題が解き放題です。
繰り返し問題を解いて理解度を深めたい方は、ぜひFunda簿記で一緒に勉強しましょう!
Funda簿記の学習アプリ

この記事を書いた人

著者:大手町のランダムウォーカー

大手町のランダムウォーカー

Funda社運営

トータルSNSフォロワー20万人の会計インフルエンサー。著書の『世界一楽しい決算書の読み方』はシリーズ累計30万部突破。

あわせて読みたい記事

簿記の得意不得意は何で決まるのか?東京理科大学との共同研究を紹介

簿記の得意不得意は何で決まるのか?東京理科大学との共同研究を紹介

2024年2月14日

タップして移動

【簿記】ホームポジションとは?勘定科目が属するグループを徹底解説

【簿記】ホームポジションとは?勘定科目が属するグループを徹底解説

2024年1月2日

タップして移動

\ 仕訳問題が無料で解ける! /

公式LINEに登録する法人向けの導入資料はコチラから